綺麗な肌でいるためには、自分に合った方法をみつける事

私はもうすぐアラフィフです。
それなりの悩みは少々ありますが、肌が綺麗だと言われます。
どちらかというと乾燥肌の私は、若い頃はそれこそ基礎化粧品にお金をかけていました。
いくらお金をかけても寝不足が続いたり体調をくずすとすぐに肌に出てしまいました。
何をやってもカサカサがとれなかった時に出会った保湿クリームを機に、私は最低限の基礎化粧品しか使わなくなりました。
無添加のものを最低限しか使わなくなり、とにかく保湿を心掛けるよいになると肌トラブルがなくなりました。
同時に、洗顔の仕方を変えました。よく泡立てて、こするのではなく、肌を傷つけないよう優しく撫でるように洗顔するようにしました。

10年ほど前に冬場の身体の乾燥を防ぐために美肌水を作り、家族で使うようになりましたが、試しに顔につけてみたらいい感じだったので、それからは市販の化粧水も乳液も買わずに美肌水一筋でした。
一年ほど前からハリのなさが気になりだし、ゲル状美容液を使うようになりました。
合う合わないは、人それぞれです。
私の場合は、色んなものを塗りたくるより、シンプルな方が合っているのだと思います。
子供が出来てからは食育の勉強をし、食の大切さを実感し、食べ物にも気をつけるようになりました。
流行に左右されるのではなく、自分に合った方法や自分に合った化粧品を見つける事が綺麗な肌でいるための秘訣のような気がします。

Comments are closed.