手のひらのじめじめ。自律神経の乱れが一因かも?

暑い季節でもないのに、手のひらのじめじめ汗が気になっているとき、何が原因かな?といろいろ振り返ってみました。

そのときに思い当たったことは、

・睡眠や食事といった生活リズムが不規則
・日常生活で頭を悩ませる問題を抱えて、ストレスを感じている
・プレッシャーのかかる問題を気にしすぎて緊張が続いている

大きく言ってこの3つのどれか、または2つ以上が組み合わさった日々が続いていたことでした。

まず、生活の質やリズムの見直しをして、早寝早起きを心がけて、三食きちんと食べるという基本を徹底しました。

それと同時に、ストレスを感じている問題との上手な付き合い方、たとえばいったんその問題から距離を置く(物理的、精神的)とか、自分なりにすっきりできる、ストレスの上手な発散・気分転換の方法を見つけて実践することを心がけてみました。

軽い散歩などの運動やカラオケなど、楽しみながら体そのものを使う、心地よい疲労感を覚える気分転換が効果的でした。
体の健康をいつも以上に意識し、心がけることで、体の機能=自律神経のコントロールがうまくいく、という実感がありました。

また、対症療法的な塗り薬や制汗剤は使いませんでしたが、ミョウバン風呂を試してみたら、手のひら足の裏だけでなくわきの下などの気になっていた部分に、本当に汗をかきにくくなりました。

Comments are closed.